メールを出す前に
(アウトルックエクスプレスの設定)

windowsに標準でついているメーラー(メールソフト)のアウトルックエクスプレス。
コイツは、ちょっとくせ者です。
私宛に送られてくるメールをチェックしたところ、95%以上がコイツを使っています。
全世界的に見ても、かなりの人々が使っています。
だから、ウイルスの多くはコイツを使って蔓延するようにできています。
もし、コイツを使わなければ、ウイルスをまき散らす方には回らないで済むことが少し多くなります。
そういう理由ではないのですが、私はアウトルックエクスプレスを使っていません。
さて、もう一つの問題点。(今回のテーマはこちらです)

アウトルックエクスプレスは、初期設定でHTML形式のメールを出すようになっています。
いろいろ表現力もあり、面白いメールが送られるのですが、HTML形式をサポートしていないメーラーもあります。
相手のことも考えて、メール送信の基本はテキスト形式(文字だけを送る)にしましょう。
「HTML形式で送ってきたメールは見ない」、と宣言している方もたくさんいらっしゃいます。

アウトルックエクスプレスを立ち上げたら、
「ツール」−「オプション」と順番にたどってください。
左のような画面が出ます。
ここで「送信」を選択。
「メール送信の形式」のチェックを
「HTML形式」から「テキスト形式」に変えます。

簡単でしょ?

【目次】   【HOME】